<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
初すべり
連休中、急遽雪山に行って来ました。
くまとぴろう君とぴろう君の彼女と遊ぶ計画はあったんだけど
直前まで何するか決まらなかったの。
(ちゃんとした約束さえしてなかったのだ(T▽T)アハハ)
で、「今日どーする?」
「じゃー遊ぼうか」
「はーい。何する?」
「どーする?スノボいっとく?」
ということで、急遽雪山へ行くこととなりました。

前日の夜
 ぴろう君カップルが我が家へ。
 お母さんからもらった鴨を使って、鴨鍋を作りました。
 初めて作ったけどうん!おいしくできたよ(☆o☆)キラキラ
 おかーさん教えてくれてありがとーヽ(*`□´*)/ガヽ(*`○´*)/オー!!
 みんな、〆の雑炊までぺろっと平らげてくれました。
 良かったー(´▽`) ホッ

 その後、人生ゲームで一遊びし、翌日に備えて早めに就寝。

当日
 5時起床。久しぶりの早起きでわくわくです。
 準備をして、ぴろう君の車に荷物を詰め込んで出発〜!
 首都高から見えた、朝焼けに感動し、富士山にテンションが上がり
 SAでご飯を食べて、うっかり居眠りして、起きたら雪に包まれてました。
 向かったのは福島県。
 今年はすごいと聞いていたけど、本当に本当にすごい雪だったよ。
 それでも新潟ほどじゃないんだろうけど、お家の一階部分は雪に
 埋もれちゃってる所もあった( ゜_゜;)
 地元の方は大変だよね…

 いくつか渋滞にぶつかりつつも、10時半ごろ「会津たかつえスキー場」
 に到着!
 
 久しぶりにファンスキーを堪能しました。
 すっごく寒くてちょっと吹雪いてたけど、
 雪は最高ヽ(*`□´*)/ガヽ(*`○´*)/オー!!
 パウダースノーでとっても気持ちよかったー!
 やっぱいいねー!楽しい!!
 ファンスキー買っちゃおうかなぁ w( ・ 3 ・)

 最初、ゴーグルが曇っちゃって、かけないで滑ってたら、
 雪が目に入ってしまって下りきった時には顔がぐちゃぐちゃに(T▽T)アハハ
 すると、見かねたぴろう君がゴーグル貸してくれました
 やっさしいヽ( ´∀`)ノうふふ♪
 (なんとなく、ぴろう君の彼女とくまの視線が痛かったけど
  気にしないフリしてみました←ずるい)
 ほぼコースを制覇する勢いで上級も中級も初級も満遍なく滑り
 途中にお昼休憩を挟んだだけで6時間位みっちり滑りました。
 久しぶりにいい運動したなぁ。
 あんまり混んでなかったし、いろんなコースがあって楽しかったです♪

 あっという間に帰る時間。
 どこか温泉入ってから帰ろうということになったんだけど…
 ぴろう君、露天風呂なんてせっかく温まっても体洗ったりしてるうちに
 凍えちゃうのになんでそんな所に行きたいんだと不思議そうにぶつぶつ
 いってる。
 「え!?内湯で体洗えばいいじゃん」と私たち。
 「なんでよ!露天風呂なんでしょ!外で体洗うものでしょ!」
 と言い張るぴろう君。
 ぴろう君、露天風呂は未経験なんだって。なるほどね…
 
 最初に見つけた温泉は、とっても素敵な装いだったんだけど、
 生憎大混雑中。
 入場規制が行われてて入れず残念
 ヾ(`ε´)ノヾ(`ε´)ノヾ(`ε´)ノヾ(`ε´)ノ
 次に見つけたところは、「露天風呂」というネオンが
 ギラギラ輝いている温泉。
 あ…あやしい……
 恐る恐る近寄ってみると、若いグループが続々入っていくのが
 見えたので、少し安心してここの温泉
 に入ることに。
 受付と温泉が駐車場をはさんで対角線上にあったり、
 脱衣所が廊下程度しかなかったり
 おかしなことはたくさんあったけど、中でも一番驚いたのが…
  う…内湯がないΣ(゜皿゜) ガビーン
 彼女さんと大笑いしちゃいました。
 まさか、ぴろう君の意見が正しかったなんて!!!!
 脱衣所と露天風呂しかない温泉。
 雪の降る中、外で体を洗う人たち…
 こんな温泉があるんだ(T_T)
 冷えた体で、猛ダッシュでシャワーにあたるとそのシャワー!
 追い討ちをかけるようにぬるい!というか冷たい!!!
 がくがくしながら念願の温泉へ。
 
 ふぅーーーーー(´▽`)
 この幸せを味わう為に、いままでの苦労があったのだなと思えるほど
 とっても気持ちのよい温泉でした。
 彼女さんとは、ほとんど初対面だったんだけど、
 二人でのんびり浸かってると、仲良しになれたような気がして
 うれしかったなぁ。

 お風呂から上がると、まるで「どきどき、温泉早着替え!」的な
 番組が出来そうなくらい、これから入る人と出る人がぎゅうぎゅうに
 詰まってて、恥らったりしてる場合じゃなくて
 「とにかく下着を取らせてーー」なんて必死になってる自分が
 ちょっと笑えた。
 お風呂から上がって、また駐車場をつっきって受付に鍵を返して
 展望台に上って、濡れた髪が凍って、また笑った。

 夜ご飯もSAで食べて、首都高で夜景に感動して、
 東京タワーに感動して、お台場に感動して、眠気と戦って、
 無事お家に到着。

 すごくすごく充実した一日でした。

 ぴろう君の彼女さん、良く笑う、すごく明るくて素敵な女性でした。
 皆が先にいっちゃっても、ぴろう君が私にゴーグル貸してくれても、
 きっと嫌だったはずなのに、いつもニコニコしてくれました。
 私はそれに甘えすぎちゃったと後から反省。
 これからは、私も大人にならないとな。
 それで、もっともっと仲良くなれたらいいなぁ。
 
 そして、今回の温泉で露天風呂に対する意識が固定されちゃった
 ぴろう君…
 今度はもっと一般的な所に行こうね(T▽T)アハハ
 
 
| 雑記の巻 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 11:30 | - | - | ↑TOP
Write?









この記事のトラックバックURL
http://kimuchi.jugem.jp/trackback/198
トラックバック
こんにちわ
ミカといいます。24歳のいたって普通のOLですが、よかったらメル友になってくれませんか?
| ミカです | 2006/01/10 11:31 AM |


NEW ENTRIES
COMMENT
amazon
amazon

CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE

ブログのレンタルサービス JUGEM