<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
冷静と情熱のあいだ
冷静と情熱のあいだ―Rosso
冷静と情熱のあいだ―Rosso
江國 香織

「冷静と情熱のあいだ」
ずっと昔に買ったまま、読まずに忘れ去られていたの。
部屋の大掃除をしたら出てきたので、早速よみました。
流行ったよねー。映画にもなってたよねー。
きむちは、映画化された小説って実はちょっと苦手。
本屋さんで目にとまっても、映画になったやつだと思うと、
読んだことあるような気になって、手を出さない。

そんな私がこの本を購入したきっかけは、同期から教えてもらった
「きらきらひかる」で、いっきに江國 香織さんの大ファンになったから。
興奮MAXで鼻息ふんふんいわせながら買いました。
2冊あったので当然上・下巻物だと思っていたら、あれれ作者が違う!
予想外の出来事に混乱してきたので、ひとまず落ち着くため、本を
そっと隠して、そのまま忘れ去っていたのでした。

で!で!ですよ、実際問題とっても面白かったです。
一気に読んでしまったよ。人気があったの分かるねー。
映画みてみたい。イタリアに行ってみたい(*∇)ウフフフフ
2冊は、彼女側と彼氏側それぞれの視点でかかれてたんだね。
作者が違うから、雰囲気も違うのか2冊は別の物語としてもちゃんと成立して
それが新鮮で感動した。
江國 香織さん、やっぱりいいなー:*:・(人´▽`*)・:*:・ウットリ
多分ね、感じるべき部分て絶対ここじゃないと思うんだけど、
外国人のリッチな恋人と海外に暮らしてみたい願望が強く残った(●´ω`●)ゞ

今日のキーワードは「食わず嫌いはもったいない」ということ。

他の映画化された小説も、どんどん読んでみたいな。
江國さんの本ももっと読んでみたいーーヽ(*`□´*)/ガヽ(*`○´*)/オー!!
| 読書の巻 | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP


NEW ENTRIES
COMMENT
amazon
amazon

CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE

ブログのレンタルサービス JUGEM